目的

現代日本経済史研究会は、原朗(東京国際大学経済学部、教授)を中心に戦時期、復興期、高度経済成長期の日本経済の実態を明らかにすることを目的としています。

沿革

1986年夏 : 研究会発足。
1987年10月 : 近代日本研究会編『戦時経済』(年報・近代日本研究、9号)山川出版社。
1990年度 : 科学研究費補助金交付(〜92年度まで)。
1995年2月 : 原朗編『日本の戦時経済』東京大学出版会。
1997年度 : 科研費補助金[基盤研究(B)(1)](〜99年度まで)
2002年7月 : 原朗編『復興期の日本経済』東京大学出版会。
2006年3月 : 原朗、山崎志郎編著『戦時日本の経済再編成』日本経済評論社。
2006年9月23日 : 東アジア経済史シンポジウム。

メンバー

§名前をクリックすると、個人の研究業績ページへ移動します§