高度成長始動期の日本経済

原朗編著,日本経済評論社,2006年3月

    まえがき      (原朗)
 第1章    高度成長期の産業構造 (原朗)
 第2章    戦後日本の産業合理化 (岡崎哲二)
 第3章    国鉄の輸送力増強と市場競争 (林采成)
 第4章    高度成長初期の指導者産業と下請分業構造 (植田浩史)
 第5章    「国民車構想」とモータリゼーションの胎動 (呂寅満)
 第6章    コンピュータ産業の初期市場 (池元有一)
 第7章    繊維産業における需給調整政策 (渡辺純子)
 第8章    輸出カルテル助成政策 (寺村泰)
 第9章    石油化学工業における投資調整 (山崎志郎)
第10章   都市経済の成長−東京の事例 (山口由等)
第11章   企業合理化と「職制改正」 (宣在源)
第12章   戦後文学のみた高度成長 (伊藤正直)
第13章   資本輸出の展開−対アジア進出を中心に (金子文夫)

戦時日本の経済再編成

原朗・山崎志郎編,日本経済評論社,2010年6月

    序      戦時経済の再編成と企業整備 (原朗・山崎志郎)
 第1章    統制機構の再編成と企業整備 (山崎志郎)
 第2章    価格統制と企業動員 (山崎澄江)
 第3章    戦時貿易統制における交易公団の役割 (鴨井一司)
 第4章    貨物自動車運送業の統制団体 (河村徳士)
 第5章    食糧配給機構の再編と国民厚生金庫
                 −東京府における米穀商の企業合同を中心に 
                 (山口由等)
 第6章    石炭配給機構の再編 (山崎澄江)
 第7章    「満州」における石炭業 (山本裕)
 第8章    繊維関連部門の中小商工業整備 (山崎志郎)
 第9章    東京における中小商業企業整備 (柳沢遊)
第10章   菓子製造業の企業整備 (池元有一)
第11章   軍需工業地帯における純潔運動−群馬県を中心に 
             (小野沢あかね)
  補論     閉鎖機関特殊精算の経緯 (原朗)

復興期の日本経済

原朗編,東京大学出版会,2002年7月

   序章    戦後復興期の日本経済 (原朗)
 第1章    対アジア経済関係 (金子文夫)
 第2章    「傾斜生産」と日本経済の復興 (岡崎哲二)
 第3章    物資需給計画と配給機構 (山崎志郎)
 第4章    占領期のおける石炭鉱業 (荻野善弘)
 第5章    石油産業の戦後再編 (伊藤武夫)
 第6章    戦後復興期のベアリング産業
             −機械鉄鋼製品工業整備要項と協力工業政策(1940-1942年)
             (植田浩史)
 第7章    電気事業再編成の歴史的意味 (橘川武郎)
 第8章    綿糸紡績業における企業組織の再編 (渡辺純子)
 第9章    戦後復興期の中小商業者 (柳沢遊)
第10章   地方銀行の実態と再建整備 (平智之)
第11章   戦後主食統制とその制約事情 (加瀬和俊)
第12章   農村における人口移動:1945-49年 (谷本雅之)
第13章   公設試験研究・能率研究機関の中小企業支援・育成活動 
            (沢井実)
第14章   引揚企業団体の活動 (宣在源)

日本の戦時経済−計画と市場−

原朗編,東京大学出版会,1995年2月

 T    日本の戦時経済−国際比較の視点から− (原朗)
 U    戦時工業動員体制 (山崎志郎)
 V    第2次世界大戦期の金融制度改革と金融システムの変化 
            (岡崎哲二)
 W     経済制裁下の対外経済 (平智之)
 X    対外膨張の構図 (金子文夫)
 Y    戦時経済下の下請け=協力工業政策の形成 (植田浩史)
 Z    労務動員 (東条由紀彦)
 [    太平洋戦争期食糧統制政策の一側面(加瀬和俊)

高度成長始動期の日本経済 戦時日本の経済再編成 復興期の日本経済 日本の戦時経済